ブログ

HOMEブログ

紀山丁場レポート

11月末時点での紀山丁場の状況です。①.JPG

今はあまり多く石が出ていませんが、徹底した品質管理の下、間違いの無い商品を出荷しています。④.JPG

危険と隣り合わせの仕事なので、常に安全には気を配っております。②.JPG


万成石レポート

行ってきました岡山県は万成石の丁場です。

万成石の丁場は明治より採石が開始されました。


2010112715130000.jpgイサムノグチのお墓に使われている石としても知られています。
近年ようやく大材が採れるようになったとのことです。


2010112715050001.jpg現在はいい色が出ていて、色合わせも容易とのことです。
最近では、玉石(サビ石)の需要が増えてきているそうです。
2010112715530000.jpg


白石島レポート

白石島には墓石の丁場がありますが、

今回は建築資材の採石場を訪ねてきました。
2010112711210000.jpg豊島石材さんという会社です。 
建築資材の丁場としてはここだけとのことです。

 

2010112709540000.jpg 2010112710150000.jpg この丁場は採石開始から55年とのことで、
最近では、嵐山の敷石などに使用されたそうです。
かなり、大きな原石が採れていました。

2010112709500000.jpg


日石展オープニングセレモニー

宮城県・大蔵山に建設中だった 『日本石塔展覧会(略称、日石展)』の新作常設展示場が

11月14日(日)に待望のオープンの日を迎えました。

オープニングセレモニーに参加してまいりましたので、その様子をご報告いたします。

展示場の入り口です。この穴から入ります。

nissekiten (4).JPG出席者は80~90名ほどでした。

nissekiten (2).JPG石割式です。

nissekiten(0).JPG nissekiten (1).JPG関係各者さまのご挨拶がありました。

『日石展』準備会代表者の山田石材計画株式会社、山田政博社長です。

nissekiten (3).jpg 展示場内には、五輪塔を中心とした作品が40~50点展示されています。
 日本全国のさまざまな石を使った作品が揃っていました。

nissekiten (6).JPG

  nissekiten (7).JPG

伊達冠石の採石丁場です。 nissekiten (8).JPG nissekiten (13).JPG夕方16時からは、オープニング記念コンサートとして、インドの楽器・シタール奏者の中村仁氏

による演奏会がありました。

nissekiten (12).JPGのサムネール画像『日石展』は、来山者のおひとりおひとりを大切にしたいという想いから、 完全予約制になって

います。

チラシを掲載いたしますので、ご興味をもたれた方は、ご予約のうえ、ぜひ大蔵山を訪ねてください。

(↓↓↓クリックすると、大きい画像が別ウィンドウで開きます。)
nissekiten (10).jpg  nissekiten (11).jpg


このページの先頭へ