ブログ

HOMEブログ

JAPAN石フェス2011inKOBE


11/23 24の両日 JAPAN石フェス2011inKOBEに出展いたしました。



東北復興を祈念した看板石、ファントーニ彫刻を施しています


ふくろうの石あかり、みなさん足を止めて見ていただけました。



通常墓石としては使えない石を使って洋墓を作りました
万成石の磨き、ビシャン、皮の部分を楽しめます


お墓は近くにあった方がいい! はやしばらネットワークを使ってのお墓のお引越しについて提案しました。



世界に1つだけのお墓、想いのこもったお墓にするためのワンポイントアクセントの品々を提案しました


当社でご用意できる国内石種のサンプル展示しました。
今回 東北の石をメインに展示しました


大島水の谷丁場情報


隣の寺山さんと水の谷石材の写真です。 水の谷石材は手前を取っていきます



大島重松丁場情報


大島重松さんの丁場写真です



現在あたらしい場所を進めています。 やはり小指の爪の大きさの白玉、黒玉有 しかし石は硬そうです。


紀山新丁場情報


紀山の丁場、航空写真です



これまでの採石区域を拡張して新たな区域を開発開始。地表近くからすぐに良質の原石が採れています。


今後少なくても30年は安定供給が見込めます


新丁場の石目サンプルです 目が細く濃いです


大島石善丁場情報


A鉱区から撮ったS鉱区の写真です



S鉱区(一級材の青のみ産出)を現在採掘中です。
大きな岩盤が露出しており、かなりの量を産出しそうです。
画像は、11月末時点ですので、1月末頃にはかなりの量を
切り出せていることでしょう。
楽しみです。



S鉱区は広く、切出し期間が来年の春頃まで続くと思われます。
S鉱区が終わると、特級材の(碧)が産出するA鉱区に、1年半ぶりに戻れそうです。



別件情報として、「特級材の(碧)が12月いっぱいで、原石が
品切れになりそうです。」との通達が採掘元よりありました。
採掘元が、2年半分のストックとして、昨年末に5,000才切出していたのですが
販売好調につき、12月いっぱいで、原石ストックが売切れてしまいそうです。
春まで、A鉱区に戻れないため、6月には碧の岩盤から切り出せていると思いますが
しばらく、対応できないためご迷惑をお掛けすることになりそうです。
もし碧にて可能性のある商談がございましたら、年内にご注文いただきたく、お願い申し上げます。
今後は、今回の販売状況を参考に採掘計画を考えていただくよう、採掘元におねがいしております。


このページの先頭へ