ブログ

HOMEブログ

Aji Glass ~さぬき庵治石硝子~

今回は、香川県松福町のガラス工房「Rie Glass Garden」さんを
ご紹介します。

~讃岐の山でうまれた庵治石を
 ガラスに溶かしたら
 瀬戸内海の色になりました~

想像してみてください。庵治石を溶かし込んだガラス・・・

とても澄んだ深いブルーのガラスなんです。
着色ではなく、庵治石から生まれたブルーです。

作家は杉山利恵さん。ふんわりと優しい雰囲気の素敵な女性です。
今回、ご縁がありインタビューさせていただきましたのでご紹介します!


Aji Glass

~ガラス作家を志す~
小さい頃からもの作りが大好きだった杉山さん。お母様も裁縫などなんでも手作りされていたそうで、その影響で杉山さんご自身もものづくりが大好きに。

一度は普通課程に進み就職したが、様々な作品販売に関わるにつれ「自分はこっち側ではなく作る側だ」という思いが大きくなり、お母様がお亡くなりになられたことをきっかけに「後悔しない生き方をしたい」と、30代で一念発起してガラス製作の道へ進むことに。


Aji Glass


Aji Glass

~ふるさと 香川への思い~
県外でガラス製作を学ぶうち、ふるさと 香川県への思いが強くなる。
地元香川産の食物を食べ成長し、自分を構成しているのはやっぱり香川なんだという思いから、香川県に根付く活動を志すことに。

最初、庵治石の石粉を配合してガラスを作ってみたら、思いがけずうっすら青色がでたとのこと。
そこから試行錯誤し、深く澄んだブルーのガラスが出来上がったときは、震えるほどの感動があったとか。


Aji Glass


Aji Glass

~インタビューしてみて~
庵治石は世界に誇る美しい石です。
香川県に住み石材に携わる者として、その美しさを県内外のお客様に知っていただきたい、
そんな思いはありました。

しかし、また違った美しいガラスに姿を変えて庵治石を発信できることに、本当にうれしく、作家さんのものを生み出す力に感動してしまいました。


Aji Glass


Aji Glass

インタビューではショップも見学させていただき、様々な杉山さんの作品を見学させて頂きました。
同じ一輪挿しでも、気泡があったり色合いが微妙に異なり、表情も異なります。
一番人気は「幸せの蒼いとりさん」!
コロンとしたフォルム、深い透き通ったブルーに魅せられてしまいます。
他にも雪だるまや鏡餅など、季節に合わせた小物もたくさん。


幸せの蒼いとりさん


Aji Glass

1階の工房では24時間365日、炉が炊かれ続けています。
暑さと闘いながら、こんなにも可愛らしく美しい作品ができるんだ・・と思うとまた胸が熱くなりました。


Aji Glass


Aji Glass

故郷の香川県のことを思い続け、形にして発信している杉山さん。
ほんわかとした見た目の裏には、たくさんの苦労や努力があり、そこから生まれる信念や強さがありました。
作家さんのそんなパワーに触れ、私もお客様にAji Glassを知ってもらいたいという思いが強くなりました。

この機会にぜひ、手にしてみてはいかがでしょうか?

さぬき庵治石硝子 - Aji Glass - ホームページはコチラ


お気軽にお問い合わせください。

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


石材店ご紹介:松原勲石材

牟礼の石職人・松原勲さんが製作する「石あかり」のご紹介です。


コンパクトなサイズで、現代アートのような洗練されたデザインが
とても美しいです。


石と光で織り成す作品は、インテリアやエクステリアのポイントに
なってくれること間違いなしです。


以前にも本メールマガジンにてご紹介させていただいた
「石あかり」ですが、新作や一点物も製作されています!


石からこぼれるやわらかな灯りを是非店舗・ご自宅でもお楽しみ
いただければと思います。

お気軽にお問い合わせください。

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


四国八十八ヶ所巡り日記⑥ 第八十五番札所 五剣山 観自在院八栗寺

八十八ヶ所霊場巡りの第6弾は、第八十五番札所 五剣山 
観自在院八栗寺です。





牟礼の象徴ともいえる標高375メートルの五剣山、8合目に位置
しており、ケーブルカーでも参拝することができます。



五剣山という不思議な山の形の神秘的な雰囲気が、境内をより
厳かな空間に感じさせています。大師堂、聖天堂、中将坊堂、
多宝塔等で構成されています。聖天堂には大根を2本交差させた
文様が飾られています。絵馬や御守りにも巾着に入った大根が
描かれていて、商売繁盛・縁結び・学業成就などのご利益が
あるそうです。



前回私が訪問した雲辺寺は茄子のモチーフがあり、今回の
八栗寺には大根でなんだかおもしろく感じました。
本堂の裏手石段を登ったところにある中将坊堂には、さぬき
三大天狗の一人、「中将坊」が祀られています。
堂の横には下駄がたくさん奉納されているのですが、下駄が
汚れていれば中将坊が願いを叶えるために使用した証なのだ
そうです。





はやしばらの事務所からも近く身近な八栗寺ですが、久しぶりに
参拝すると以前行ったときにはなかった石像が安置されていました。


「お迎え大師」という表参道からの参拝者をお迎えくださる
大師像です。蓮華の形の展望台にもなっており、屋島や高松市
郊外を一望できます。訪れた時にはお天気も良く、鳥のさえずり
や見頃の桜などを楽しむことができました。
これからの若葉の季節の散策にもおススメです。




~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


庵治石のネットショップ(あじすた)

庵治石のネットショップ 「あじすた」

庵治石の産地である高松市のあじすた職人達が、腕によりをかけて製作した
グッズ(Goods)を出品しています。

思わぬ掘り出し物に出会える、あじすたならではのネットショップです。



庵治石のネットショップ:あじすたのホームページは、コチラ

お気軽にお問い合わせください。

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


石材店ご紹介:石材商 太元屋 (庵治石細目インテリア)

弊社から車で2~3分の所にある太元屋さん
庵治石を中心に墓石だけでなく、幅広い石材使用の活用を提案している
会社です。

今回は、庵治石細目インテリア 『e Moyō』●▲■  についての紹介
です。


庵治石細目 HANMARU


庵治石細目 MARU


庵治石細目 SHIKAKAKU

おしゃれなインテリアを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
幾何学模様を一輪挿しなどに彫刻加工している商品は、作品と言っても
いい素敵な置物や花瓶です。
一つ一つ手作りで仕上げているので、同じものはないのも魅力的です。


庵治石細目 SANKAKU


庵治石細目 MIZUBACHI

花崗岩の一種で、中でも結晶が極めて小さく結合が綿密なため、硬く
風化しにくいのが特徴細目・中細目・中目と目の細かさの違いや最大の
特徴でもある「斑」(ふ)と呼ばれる模様によって、さまざまな表情の
ある美しい石です


庵治石細目 SANKAKU


庵治石細目 FRAME

石材商太元屋様のホームページは、コチラ

商品・サービスへリンク

お気軽にお問い合わせください。

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ