ブログ

HOMEブログ企画展「大名墓をめぐる世界 そのすべて」

企画展「大名墓をめぐる世界 そのすべて」

9月13日(金)~11月25日(月)の期間で、高知県立高知城歴史博物館において
企画展「大名墓の世界 そのすべて」 が開催されます。

平成28年3月に国史跡に指定された「土佐藩山内家墓所」は、その規模の
大きさと、墓石や石垣の多様性などから、貴重な文化財として全国に
知られています。
また、大名墓をめぐる歴史は、藩主の病と死から、葬送儀礼と墓所造営
厳かな法要と幕末に進む神格化まで、江戸時代のことでありながらも、
現代に生きる我々に多くのことを考えさせます。
文化財を知る、歴史を振り返る、そして命を学ぶ・・・
大名墓が語る荘厳で深遠な世界が広がります。




慶長10年(1605年)、初代藩主 山内一豊没後に埋葬されて以来、歴代藩主
15名が埋葬されている山内家墓所。私自身、お墓に携わる仕事を通して、
お墓そのものや歴史に興味を持つようになりました。
全国的にも墓域の過程が資料で確認できる大名家墓所は少なく、ぜひ
この機会に行ってみたいと思いました。

→高知県立高知城歴史博物館HPはこちらから
https://www.kochi-johaku.jp/



このページの先頭へ