ブログ

HOMEブログ04.イベント関連04.その他イベント

秋分の日は「お墓参りの日」。今年は9月22日です。

秋分の日は「お墓参りの日」。

「お墓参り」。祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ大切な行事。
 私たち日本人の長い歴史の中で生まれ、育まれ、
 今日まで守り伝えられてきた貴重な文化財産です。
 秋分の日は、お墓参りの日。あの人のお墓参りへ出かけましょう。


「お墓参りの日」

「お墓参りの日」・・・2013年、日本石材産業協会が記念日申請し
           制定されました。

春は「春分の日」、秋は「秋分の日」を中心とした前後各3日を合わせた
各7日間がお彼岸の期間になります。

2016年のお彼岸

彼岸入り:3月17日(木)  中日:3月20日(日)  彼岸明け:3月23日(水)
彼岸入り:9月19日(月)  中日:9月22日(木)  彼岸明け:9月25日(日)

多くの方は、この期間にお墓参りをされるかと思います。


春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。

今年2016年の秋分の日は、9月22日です。

お彼岸にはお墓参りをしましょう!!


たかまつ源平の里 光とあかりのファンタジー2013

屋島・牟礼・庵治を結ぶ光とあかりのフェスティバル!!

開催期間:2013年7月12日~2013年9月16日(祝)
開催場所:香川県高松市(屋島・庵治・牟礼)

詳細は、庵治・牟礼・屋島源平の里ポータル⇒コチラ


sun


現代源平屋島合戦絵巻

平成24年11月4日(日)天候は曇りで肌寒い中・・・
源平合戦『屋島の戦い』古戦場を舞台に現代版屋島合戦が
行われました。
こちらのイベント『現代源平屋島合戦絵巻』は、来年開催
される瀬戸内国際芸術祭2013のプレイベントだそうです。


イベント名称:現代源平屋島合戦絵巻

開催日 :平成24年11月4日(日)13:00~16:30

開催場所:高松市屋島東町(檀ノ浦・源平屋島合戦古戦場周辺)

     【主戦場】立石港埋立地


奥に見えるのが五剣山と庵治石の丁場です。


白が源氏、紅は平氏です!





屋島





那須与一が見事に的を射ました!



愛媛県:宮窪大島の石文化体験ツアー(土日祝限定)

平成24年1月より愛媛県の宮窪大島で石文化ツアーガイド
による体験ツアーを開催しています。


まだ私は参加したことはないのですが、事前に予約が必要なようです。

大島の採石場も含めて何度か足を運びましたが、景色も綺麗で魚も美味
しいです。新鮮な魚が食べれるお店も多くあります。



日石展オープニングセレモニー

宮城県・大蔵山に建設中だった 『日本石塔展覧会(略称、日石展)』の新作常設展示場が

11月14日(日)に待望のオープンの日を迎えました。

オープニングセレモニーに参加してまいりましたので、その様子をご報告いたします。

展示場の入り口です。この穴から入ります。

nissekiten (4).JPG出席者は80~90名ほどでした。

nissekiten (2).JPG石割式です。

nissekiten(0).JPG nissekiten (1).JPG関係各者さまのご挨拶がありました。

『日石展』準備会代表者の山田石材計画株式会社、山田政博社長です。

nissekiten (3).jpg 展示場内には、五輪塔を中心とした作品が40~50点展示されています。
 日本全国のさまざまな石を使った作品が揃っていました。

nissekiten (6).JPG

  nissekiten (7).JPG

伊達冠石の採石丁場です。 nissekiten (8).JPG nissekiten (13).JPG夕方16時からは、オープニング記念コンサートとして、インドの楽器・シタール奏者の中村仁氏

による演奏会がありました。

nissekiten (12).JPGのサムネール画像『日石展』は、来山者のおひとりおひとりを大切にしたいという想いから、 完全予約制になって

います。

チラシを掲載いたしますので、ご興味をもたれた方は、ご予約のうえ、ぜひ大蔵山を訪ねてください。

(↓↓↓クリックすると、大きい画像が別ウィンドウで開きます。)
nissekiten (10).jpg  nissekiten (11).jpg


このページの先頭へ