ブログ

HOMEブログ06.中国の文化

中国のワクチン接種について

ワクチン予約証明書


恵安事務所の張より、中国の最新ワクチン接種状況についてご紹介します!

最近、中国各地で新冠ワクチン1回目の接種(計2回)が行われています。
福建崇武の場合、先に村委員会に個人情報と連絡先を登録する必要があります。
それからワクチン接種時間の通知を待ちいます。


会場には長蛇の列が・・・


接種する当日、村委員会に予約証明書をもらいます。
私が接種に行った時、人が非常に多くて、終わるまで4時間以上にかかりました。


ワクチン接種室の様子

接種した後、現場で30分を休憩・観察しなければないです。
新型コロナワクチンを接種すると、福建のほうは健康コード変更がないようですが、広州の場合、1回目の接種が終わると、健康コードの真ん中に黄色のキワタの花が表示され、2回目の接種が終わると花の色が黄色から赤に変わります。


赤いキワタの花が出現!

上海の場合、アプリ健康雲の「健康コード」が、接種者限定のゴールドフレームになります。

これはかなり面白いですね。^^


ゴールドフレーム!

アプリを使って国民が進んで接種したくなるような工夫がされていて面白いですね。日本にはない取り組みが斬新でした。

世界中でワクチンが普及し始め、少しずつ日常を取り戻しているように思います。

一日も早く、皆さんが安心して過ごせる日が来ますように・・・


メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


中国の「春」

大連の様子


中国の現在の状況について、現地スタッフより報告が届きました。
まずは大連から・・・

4月下旬、春がきて万物がよみがえる大連は、寒くもなく暑くもなく、年中で一番いい時期です。
そんな春を迎えました。
また、「玉蘭花」も咲いて、緑色の木になり、特に小雨の後の町がとても綺麗です。


玉蘭花


コロナーの禍で今大連は落ち着いていますが、流行りだした頃を思い出すと今でも怖いです。
皆さんが、どこへ行ってもマスクをつけることが生活の中で習慣となりました。
少しずつ日常生活を取り戻しており、
毎朝と夕方に公園に散歩している人たちや太極拳や
ヤンコ踊りなどしている方があちこちにいてすごく賑やかです。


ヤンコ踊り



でも健康のことが何より一層に大事と思います。
遠く離れていますが、皆様が毎日元気で日の上昇と落ちるを見るのをお祈りします。





続いて、福建省の様子です。
福建はだんだん落ち着いてきました。
政府もゆっくりと予防接種を組織しています。
今のコロナは風邪や熱のように私たちの生活に存在していると思います。
ただ、出掛ける時、マスクをつける必要、病院に行く時、健康コードを示し、体温を測定しなければなりません。

下記はG工場の現状です。
全体の注文は多くないです。
工場の規模を縮小し、生産力は従来の2分の1になりました。
現在、日本市場が低迷しており、品質も厳しいため、多くの研磨職人は国内または欧米の墓を作りに転職しています。
去年研磨職人はまだ17人で、今年は11人しかいなくて、一週間で最大4~500才しかできません。
仕事量が少なくなってる為、工場とオフィスの5、6人を会社にリストラされました。


日本同様、中国も墓石市場は依然として厳しい状況が続いています。大きな方向転換を迫られている工場も・・・
弊社の頼れる工場として長年のお付き合いのある会社ですので、何とか力を合わせてよりよい道を切り開いていきたいものです。


中国事務所スタッフ紹介

はやしばら有限会社では恵安事務所・大連事務所の中国事務所を設けています。
今回は、中国事務所スタッフの紹介・春節の様子などをお届けします!



入社7年目に入ったはやしばら恵安事務所の張です。
春節が近づいて、年越しムードが高まり、親類や友人、同僚の家を回って年始の挨拶をし、お互いに祭日を祝い合っています。
各家庭では念入りに選んだ赤い春節の対聯(ついれん)と、大小様々な福を門の両脇と部屋のドア、壁に貼り、「福」の字を逆さまに貼ることで「幸福がすでに来た」ということを表しています。
ただ、今年は特殊な年で、新型コロナウイルスが複数の地域で散発していて、対策として、帰省しない/できない人がますます増えています。
先の見えない状況が続いていますが、明けない夜はないのでいつかは必ず好転すると信じています。


恵安事務所 張さんと息子さん




初めて記事を担当させていただきました入社13年目の劉と申します。
日本事務所と中国の生産工場の間の架け橋として担当しております。
さて中国の春節の様子についてですが、中国の家庭では家族や友達が集まり一緒に餃子を作ったり、お酒を飲んだり、ご飯を食べたり、お互いに挨拶をします。
中国のことわざで「節句になるとますます親類をしのぶ」というのがあります。昨年に父が突然いなくなって今年の春節はさびしく感じています。。父と母がいる間にできるだけ話したり、遊ぶなど一緒に過ごす時間を作り、後悔がないようにしましょう。


劉さん手作り餃子


街道の様子


メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


中国の国慶節(2020年10月1日)

2020年度中国の国慶節は10月1日となります。
中国本土では一週間ぐらいの大型連休(10月1日~7日)となりますが
弊社では通常と変わりなく輸出入できるよう手配しております。

毎週コンテナで中国各港より日本の港に輸入しております。
部材1個、張石1枚からご注文受け付けております。
ご注文を受けてから最短2週間でお届けすることも可能です。

例:10月2日ご注文 ⇒ 中国にて加工・船積み ⇒ 10月16日お客様にお届け

墓石・石材に関するご相談・ご質問がございましたら
お気軽にご相談ください。


お気軽にお問い合わせください。

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


中国遼寧省:大連港 (大窯湾)

大連港は中国遼寧省大連市の遼東半島にある中国東北部最大規模の
国際貿易港です。


大連港(2013年5月撮影)


大連港は、大連湾(旧港区)と大窯湾(新港区)に分けられています。


大連港(2013年5月撮影)

弊社の製品は、主に大窯湾(新港区)から輸出されて日本に入ります。


大連港(2013年5月撮影)


大連港(2013年5月撮影)


大連港(2013年5月撮影)


大連港(2013年5月撮影)

弊社では毎週大連港より貨物をコンテナ船にて製品を輸入しております。
お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ