ブログ

HOMEブログ06.中国の文化01.中国の食

社長と昼食

 こんにちは、アモイ事務所の葉です。

 

先日、林原がアモイへ出張に来た時、社員皆と一緒に昼食をとりました。

その時の風景をご紹介します。

社長はいつも面白い事を言って皆を笑わせてくれます。皆楽しい時間を過ごしました。

amoilunch-01.png

左から時計回りに、林原、図面作成の陳、営業事務・通訳の黄、図面作成の許(すみません。撮影時に顔が隠れてしまいました。。間もなくデビューしますね。)、営業事務・通訳の王、図面作成の孫です。

私はカメラマン、2/4に子供を出産したばかりなので太りました。今ダイエットをしています。

成功したら皆さん、お会いしましょう☆⌒(*^∇゜)v

 

今回は東北料理を食べました。東北料理は主に麺です。

amoilunch-02.png

林原は『醤肉という料理を食べています。

これは鶏肉と野菜を豆腐で作った薄い皮に載せて巻いてから口に入れます。

amoilunch-03.png

amoilunch-04.png

このようにして食べます。

それから『黄金窩窩』も食べました。

amoilunch-05.png

これは小麦粉で作った饅頭(パンみたい)に、豚肉と野菜を炒めたものを入れて食べます。

とても美味しいです。皆さんもぜひアモイへ食べにいらしてください♪

 


アモイの郷土料理

中国は大変広く、地方によって料理には多少の違いがあります。
日本のお寿司、刺身は有名ですね。
アモイにも独特の郷土料理があります。
今回は、その一部をご紹介したいと思います。

 

1:粽(ちまき)

中国では、甘い物と塩辛い物 二種類あります。
端午節によく食べるものですが、アモイでは、塩辛い粽のほうが有名です。
"肉粽"と言います。肉やきのこなど色々な具を入れます。辛い味噌を付けて食べます。一年中、専門店で販売してます。

keisyoku-01.png

 

2:五香条

豆腐で作った皮に肉か野菜を入れて、巻いた後、揚げた物です。

 keisyoku-02.png

 

3:カキ煎

カキと卵を煎じたのものです。煎じるとは日本語で料理には使わないようですが、油で揚げるよりも少し油が少なく、炒めるよりは油が多いです。

keisyoku-03.png

 

4:春巻

野菜や肉、豆腐などの色々な食材をメリケン粉で作った皮に入れて、巻いたものです。
このままで食べられます。

keisyoku-04.png 


 

5:土笋凍

土笋は浅い砂浜で生きる虫です。内臓を処理して、料理した後、冷蔵庫で冷やします。
透明で冷たい料理です。

keisyoku-05.png 

 

以上、代表的なアモイの郷土料理です。
お口に合うかどうかはわかりませんが、私達にとってはとてもおいしく、自慢の料理です。

アモイにいらっしゃった時に、ぜひ試してみてください。


このページの先頭へ