ブログ

HOMEブログ06.中国の文化03.中国の政治経済

中国遼寧省:大連港 (大窯湾)

大連港は中国遼寧省大連市の遼東半島にある中国東北部最大規模の
国際貿易港です。


大連港(2013年5月撮影)


大連港は、大連湾(旧港区)と大窯湾(新港区)に分けられています。


大連港(2013年5月撮影)

弊社の製品は、主に大窯湾(新港区)から輸出されて日本に入ります。


大連港(2013年5月撮影)


大連港(2013年5月撮影)


大連港(2013年5月撮影)


大連港(2013年5月撮影)

弊社では毎週大連港より貨物をコンテナ船にて製品を輸入しております。
お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


中国・空港内安全検査の強化

『中国の民間用航空局が7月20日から部分的に安全検査を実施します。』

これは中新ネット(中国で有名なインターネットニュース)の7月7日のニュ―スです。
オリンピックの開催期間中、民間用航空運送での安全保証の為、特別検査を実施します。
中国の民間用航空局は、北京首都、上海虹橋、上海浦東、青島、天津、潘陽、秦皇島、石家庄、太原、済南、杭州、南京、合肥、長春、ハルビン、フフホ卜、大連空港、新疆ウイグル族自治区内の空港と西蔵自治区内の空港で特別検査の措置を取ると発表しました。


以上の空港の利用者は、空港タ―ミナルビルの入口で安全検査を受けなくてはなりません。
万が一、旅客が規則違反して爆発物や燃えやすい物品を携帯して空港に入った場合、検査部門は法律法規に依拠して厳重に処分しますから、その為、予定した飛行機に乗り遅れるなどの事態をもたらす可能性があります。

航空局側は「できるだけ早めに空港に到着し検査を受ければ、乗り遅れずに済む」と旅客に注意を呼びかけています。   
  1. まず、空港タ―ミナルビルに入り検査

  2. 次に、飛行機に搭乗する前に検査

  3. ようやく、飛行機に搭乗できます。


今後、空港の安全検査は今まで以上に厳しくなりそうです。 


このページの先頭へ