ブログ

HOMEブログ07.スタッフのちょっと一言

~門入の郷~「風の門」

今年の漢字は「密」に決まったそうですね。
とはいえ、どこに行っても意外と人が多かったりします。
今回は「密」を避け、、でも気分転換したい…!!
と思い行ってきました!

香川県さぬき市にある「門入の郷」

12月に入りもう紅葉も見頃を過ぎたころだったので、狙い通り人は少なかったです。初旬に行ってきたのですが、その頃は驚くほどの暖冬だったこともあり、まだ色づいた葉を見る事が出来ました。


~門入ダム~ 最近石製品を見ると、何の石か気になってしまいます…


~門入ダム~ とってもお天気のいい日でした!最高に逆光です(笑)


~堰堤北側の眺め~ ダムの下は「花の広場」のようです。


~モニュメント「門入」~ 堰堤を渡った先の記念公園にありました


~南側からの堰堤の様子~ 南側に門入湖があり、水が溜まっています。


右側に少し見えているのが、管理事務所 兼 ダミュージアム だそうです。


堰堤北側、展望広場にある「風の門」
淡いピンク色の石で、綺麗なアーチ型。
アーチの中央には黒石が…


~風の門~


この「風の門」を制作されたのは、庵治町にある
「石彫デザイン工房 山田和弘」さん。
お墓はもちろん、さまざまな石彫刻やモニュメントを作られている職人さんで、県内外、国内問わず本当に幅広い作品に携わっている方です。
山田さんは風や水といった自然をテーマにした作品が多く、この風の門もその名の通り、「風」をテーマにしています。


~風の門~


『天に向かって伸びる12本の石柱は12ヶ月の季節の移ろいを、空を見上げるアーチは新しい風を、表現しました。空を仰ぎ、たゆたう雲ととうとうと溢れる水を眺め、流れゆく時の中で、豊かな自然を感じて頂ければと思います。』      ~石彫デザイン工房 山田和弘 HPより引用~


~風の門~


風の門に使われているのは、岡山県犬島の錆石だそうです。
この石の風合いがまたなんとも言えず素晴らしかったです。。
濃く出た錆の部分が、まるで風が通り抜けているような波模様に見え、自然の壮大さを感じられました!


紅葉を見ながら休憩しました


門入湖に沿って南へ行くと、ところどころに休憩が出来そうな場所があります。終わりかけではありましたが、もみじが綺麗に色づいているのを見ながら休憩しました。
他にも、あじさい公園や水辺の公園などあるようです。
季節ごとに楽しめそうですね♪


並木道を奥へ行くと赤い橋が…


~門入ブリッジ~


「渡る」だけではない橋の役割…「自由な空間」をコンセプトに設計された門入ブリッジ。幾何学模様のような、なんともデザイン性の高いオシャレな橋です!


~門入ブリッジ~ 渡ってみます!


~門入ブリッジ~ 大きな石の照明


~門入ブリッジからの眺め~ 気になる建造物が…


~椿の城~ かなり引きで撮りました


~椿の城~ 納まってません…大きいです。


門入ブリッジを渡った先にあるのが、このなんとも気になる建造物
「椿の城」!
これ、なんだと思いますか??調べたところ、「遊具」だそうです!なんと遊び心に溢れた遊具なんだろう…!!と感動しました。
現代アートのような作りで、要塞を思わせるその見た目は、ハマる人にはドハマりする建造物だと思います!

一歩中に入ってみてさらに心惹かれました…。
「おぉ…」と小さく出た声がすごく響きました。とっても幻想的な空間なんです。


~椿の城~ 内部…


以前はここに本あったそうです


入口がたくさんあります


これは…会社でもよく見る石では…!可愛らしいベンチになってます


…これだけ感動しましたが、実は私は以前にもここに来ていました。
じゅ…二十…数年前ですが。
その頃は兄弟と、この椿の城でかくれんぼをして走り回って遊んでいたと両親が教えてくれました。
「覚えてないかー」と少し寂しそうな両親を見て申し訳ない気持ちにはなりましたが、こうして大人になって再び訪れた場所は、自分にいつか子どもが出来た時また来たいなー。と思う場所ばかりです。

アート、要塞・お城、建造物、かくれんぼが好きな方は是非いらしてみて
下さい♪^^

門入ブリッジの傍には「カメリア温泉」という温泉施設もあったりと、門入の郷は大人も子供も楽しめそうな場所でした!


四国八十八ヶ所巡り日記⑧ 第88番札所 大窪寺

紅葉シーズンの観光名所でもある、第88番札所大窪寺へ行って
きました。


大窪寺は四国八十八か所霊場で結願の寺として有名です。



駐車場に入るのにすでに大渋滞!しばらく待って何とか駐車し、境内
を散策しました。
まず本堂のふもとにある大銀杏の木がお出迎えしてくれます。この
銀杏は香川県の保存木に指定されています。落ち葉で黄色い絨毯が
できていました。



本堂から下っていく階段の両側にはモミジなどの木が覆いかぶさる
ようになっていて、紅葉のトンネルができています。
山門を見上げる角度から見た紅葉は圧巻です!










境内は紅葉で埋め尽くされている、といってもいいくらいの見頃で、
観光客もたくさんいました。




そしてお昼は60年続く老舗「八十八庵」で名物・打ち込みうどんを
いただきました。


ここもすでに大行列・・・しばらく並んでいただいたうどんは、
白みそ仕立てでショウガが効いたお味。サトイモなど野菜やお肉が
たくさん入っていて大満足でした!



帰る頃には、駐車場への渋滞がさらに長くなっていたので、早めに
来てよかったです。



おでんや炊き込みご飯(この日は栗ご飯)もあったのですが、残念
ながら完売・・・


打ち込みうどんはだしや麺が売られているので、お土産としても
喜ばれると思います。



~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


四国八十八ヶ所巡り日記⑦ 第八十番札所 白牛山千手院 国分寺

高松市国分寺町にある第80番札所国分寺に行ってきました。
境内がとても広くて、見所いっぱいのお寺でした。
中でも山門脇に枝ぶりの立派な松、門から本堂へ続く参道の松並木が非常に美しかったです。




ミニ八十八カ所巡りもありました。ミニ八十八カ所巡りスポットは全国何カ所もあるようです。
第1番札所の霊山寺から第88番札所の大窪寺までのお地蔵様があり、お参りすることができます。



美しい松並木の参道の奥に立つ本堂は、国の重要文化財です。
重厚感があり圧倒されました。


奈良時代に造られた、四国最古の鐘だそうです。
奈良時代と同じ音色なのかと想像しながら・・・



国分寺では弘法大師が1200年前に作った大日如来像(約500年前に焼失)を再現中です。2021年開眼予定。
え、来年?来年また必ず観に来たいと思います。
皆様もぜひご参拝に行ってみてください。


不定期連載 香川県のうどん店巡り:「手打うどん じゅん」

うどん県=香川県のうどん店をご紹介する不定期連載です。

今回伺ったのは、香川県高松市庵治町の庵治漁港近くにある「手打うどん じゅん」さんです。地元の方から人気のうどん屋さんで実際に食事した時も、お昼時になるとたくさんのお客様がいらっしゃいました。
外観や内装も喫茶店の様な可愛らしい装いのある店舗で、店主さんも親しみがありとても雰囲気がいいうどん屋さんです。


今回は、弊社の数名で伺ったのですが、数あるメニューの中から肉うどん・もろこしうどん・天ぷらうどんを注文しました。どれもボリューミーで食べ応えのあるうどんでした!
私個人の感想ですが、とてもダシが美味しく前から通っているのですが、何度でも食べに行きたいなと思えるうどん屋さんです。



庵治町に来られた際には是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?



香川県初! 最大級の四国水族館に行ってきました。

香川県の観光地をご紹介する不定期連載です。


残暑お見舞い申し上げます。
厳しい暑さが続いておりますが、皆様お健やかにお過ごしでしょうか。
まだまだコロナ禍の状況で遠出のできない日々が続いていますが、
ささやかながら夏のお出かけとして、子供を連れて「四国水族館」へ
行ってきました。今春オープンしたばかりの水族館で、TV等でも取り上げられていたのでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
密を避けようと、夕方17時からの入場で普段味わえない雰囲気を堪能
できました。


瀬戸内海に沈む夕日をバックに、シルエットが際立つイルカジャンプは
本当に素敵で、とても癒されました。

香川県にお越しの際は、ぜひ行ってみてください。

お気軽にお問い合わせください。

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ