ブログ

HOMEブログ07.スタッフのちょっと一言四国八十八か所巡り日記② 第86番札所 志度寺編

四国八十八か所巡り日記② 第86番札所 志度寺編

四国八十八か所 第86番札所 志度寺

今回は第八十六番札所 志度寺へ行きました。


まずは国指定重要文化財に指定されている仁王門の巨大わらじに圧倒
されます!


仁王門をくぐると、草木が生い茂っているせいか、草木の中に見え隠れ
する石像群が異空間に足を踏み入れたような不思議な雰囲気を醸し出し
ます。
映画「千と千尋の神隠し」の冒頭のような・・・



進むと本堂(国指定重要文化財)が見えてきます。
ここには年に一度御開帳がある本尊・十一面観音像が納められていますが
残念ながら見ることはできませんでした。


裏手には海士の墓があります。その昔、天武の時代に竜神伝説とともに
建立されたという墓石群。千三百余年の時を経て今もなお供養が続けら
れています。




この日は晴天で、朱色の五重塔が青空に映えて一段と美しく感じました。


木漏れ日の中、本堂など重要文化財やあちらこちらにある石像に見入って
時間を忘れてしまうほど。。。




とても長い歴史の一端に触れることのできる札所でした。
今度はぜひ、十一面観音像を拝観したいと思いました。
(「志度の十六度市」7月16日 に年に一度の御開帳があります)


このページの先頭へ