ブログ

HOMEブログ07.スタッフのちょっと一言四国八十八ヶ所巡り日記⑥ 第八十五番札所 五剣山 観自在院八栗寺

四国八十八ヶ所巡り日記⑥ 第八十五番札所 五剣山 観自在院八栗寺

八十八ヶ所霊場巡りの第6弾は、第八十五番札所 五剣山 
観自在院八栗寺です。





牟礼の象徴ともいえる標高375メートルの五剣山、8合目に位置
しており、ケーブルカーでも参拝することができます。



五剣山という不思議な山の形の神秘的な雰囲気が、境内をより
厳かな空間に感じさせています。大師堂、聖天堂、中将坊堂、
多宝塔等で構成されています。聖天堂には大根を2本交差させた
文様が飾られています。絵馬や御守りにも巾着に入った大根が
描かれていて、商売繁盛・縁結び・学業成就などのご利益が
あるそうです。



前回私が訪問した雲辺寺は茄子のモチーフがあり、今回の
八栗寺には大根でなんだかおもしろく感じました。
本堂の裏手石段を登ったところにある中将坊堂には、さぬき
三大天狗の一人、「中将坊」が祀られています。
堂の横には下駄がたくさん奉納されているのですが、下駄が
汚れていれば中将坊が願いを叶えるために使用した証なのだ
そうです。





はやしばらの事務所からも近く身近な八栗寺ですが、久しぶりに
参拝すると以前行ったときにはなかった石像が安置されていました。


「お迎え大師」という表参道からの参拝者をお迎えくださる
大師像です。蓮華の形の展望台にもなっており、屋島や高松市
郊外を一望できます。訪れた時にはお天気も良く、鳥のさえずり
や見頃の桜などを楽しむことができました。
これからの若葉の季節の散策にもおススメです。




~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ