ブログ

HOMEブログ05.庵治・牟礼の紹介

株式会社二宮石材 訪問取材

はやしばらでは、庵治牟礼や日頃よりお世話になっております石材業者様を訪問し、様々なことを勉強させていただいています。

今回は、弊社も字彫り依頼をさせていただいている石材彫刻会社「株式会社二宮石材」の二宮力社長へインタビューをしました。


AJI PROJECT作品の数々

二宮社長は現在の石材業界について、墓石だけの販売では衰退してしまう。と考えていらっしゃいます。
その理由として、以前は400社あった石屋さんが今では200社まで半減してしまった。また職人さんも1/4にまで減ってしまい、石の加工だけでは生活できず副業をする職人さんもいらっしゃるとのことです。

このままでは1000年前から引継がれている庵治石加工の職人さんの技術も衰退してしまう。ということで墓石だけでなく、小物であったりデザイナーさんとコラボすることで庵治石や加工の技術の素晴らしさを広めていこうと活動されています。



左上よりCAVE,HUIS,SABO1・3・5

その中の1つに今年の3月に起業されました新会社「株式会社蒼島(あおいしま)」があります。

「株式会社蒼島(あおいしま)」を起業されたきっかけは、庵治・牟礼の職人による「AJI PROJECT」の発足から10年の節目を迎えたことです。
職人が庵治石を使ってフラワーベースやプレートなど身近な品を洗練されたデザインで作ることで人気を博していたAJI PROJECT。

しかし、補助金の交付が終了間近になり継続が難しくなっていました。当時メンバーだった二宮社長は、立て直しを決意し新会社「株式会社蒼島」を起ち上げます。

「蒼島」では、まずAJI PROJECTの販売価格の適正化に着手し、ロゴマークも新たに作り直しイメージを刷新。
商品販売をメインに、東京都美術館で開催されたイサム・ノグチ展他、全国の展示会に出品するといった活動をされています。


奥からSUNSHINE,POUND,GRILLE SQUARE しまplate

コンセプトは「生活に寄り添う庵治石プロジェクト」。
石屋=墓石というイメージを壊し、庵治石を生活の中で普段使いしてほしいとの思いから考えられたコンセプトです。

最近では、世界的に人気のストリートファッションブランド「HYPEBEAST」で、ジュエリーブランドとコラボし「石化」と命名されたシリーズで庵治石の作品を販売中です。
インテリアや服飾雑貨と同系列に並べても違和感のない、生活に根差した庵治石を目指したいと語られました。


左からBOTTLE L flower vase,ROCK END L(旧M)bookend,AMIME MITSUDE

新しい市場をつくり、自分で切り開いていくことで産地の活性化を図っていこうと活動されている二宮社長。
若い担い手も不足してきている中、別の業界の方と仕事を進めることで違ったものの見方・またそこから庵治石の素晴らしさに刺激を受けた若者が、すぐには難しくても長い年月をかけてでも産地に貢献してくれる担い手が育ってくれればとおっしゃられていました。

「様々な活動を進めていく中で、時には失敗をするかもしれない。それでも反面教師としてそこから次に生かしていけばいい。
とにかく変えなければいけない。」というゆるぎない思いを聞かせていただきました。


産地の方から直接お話を聞かせていただく。という機会も少ないので、私自身自分の考え方であったり行動することの大切さというのを改めて実感することが出来ました。1時間という限られた時間の中で、二宮社長の産地に対する深い思いと未来を見据えた希望をうかがうことができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。


左からOISEAU サビobjet,CHICK objet

私たちも同じ庵治石の産地で石の加工・販売に携わる者として、単に安売りではない、質と価値をお客様に提供していかなければならない、と感じました。


※AJI PROJECTの商品ははやしばらでも取り扱いさせていただいております。
 AJI PROJECTのHPからご覧いただき、気になるものがございましたら弊社までご連絡ください。


メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


わらべ地蔵に生まれ変わる!

弊社事務所の近くの山田忠石材さんの製品をご紹介します

山田忠石材さんでは、ただモノを作るだけではなく、「お客様の想い」を込めてつくっています。そのため、何度もお客様が納得いくまで直接、お客様と打ち合わせを重ねながらカタチを作っていきます


そこで今回は、お墓じまいした仏石を記念として
わらべ地蔵を加工しました。






お客様の想いをカタチにしたいというご相談がありましたらぜひ遠慮なくご相談ください。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


太元屋さん新スタジオご紹介

太元屋さん新スタジオ


今回は、(有)石材商 太元屋さんで新しくオープンしたスタジオを取材しましたのでご紹介します。

庵治石の丁場を持つ太元屋さんでは、墓石だけでなく、生活の中でインテリア・エクステリアとしての庵治石を提案されています。
スタジオは趣向を凝らした庵治石が様々に配置され、ハイセンスで温かみのある空間となっていました。


入り口の大きな庵治石


外壁にも庵治石の建材を使用

まずは入り口の大きな庵治石割肌の一枚石に目を奪われます。
外壁にキューブ状・バー状の庵治石、花壇にもサビの庵治石をふんだんに使い、訪れる人を楽しませてくれます。
スタジオの中はさながらギャラリーのよう・・・
パッと目を引く大きな鳥のオブジェはじめ、マガジンラックやテーブル、アルコール消毒用のスタンドなど、趣向を凝らしたオリジナルの庵治石のインテリアが配置されています。
どれも同じ庵治石なのに、本磨き・水磨き・割肌など加工方法や、建材・庭石などに使われるカサネ・サビ・自然石など庵治石の部分によってまったく表情が異なります。



倉庫に眠っていた菊水鉢を使用したガラステーブル


壁には様々なSTONE PANEL


奥様考案のアルコールスタンド、層ごとに角度が変えられる


藤本良和さん作、どことなくアマビエの雰囲気・・・


墓石には使われない石を切削してオブジェとして再利用


錆石ごろたのツリーライト、夜になると隙間から光がこぼれる

近年は国内外で建材として人気が高まりつつある庵治石ですが、それ故、表面の皮のみ取って中の石は廃棄されるという逆転現象が起こることも・・・。
SDGsの観点からも、キズやカサネも、皮ももちろん中身も無駄なく販売していきたいと太元屋さんは仰られました。
世界に誇る庵治石、私たちもその魅力を全国のお客様にこれからもどんどん発信していきたいと思います。


STONE PANEL




庵治石カサネ肌のマガジンラック、アイアンが格好いい


砂利を入れたSTONE PANEL

※スタジオで使用されている庵治石建材(Build with 庵治石)やSTONE PANEL、e-Moyo は弊社でも取り扱っております。
気になるものがあればはぜひお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


庵治牟礼加工の立体彫刻紹介

庵治牟礼の石材店様では、製品加工や字彫りの他に彫刻加工もしています。
今回は様々な彫刻についてご紹介させていただきます


様々な彫刻技法

線彫り・立体彫り・彫り込みなどがあり、お客様のお好きなデザインを墓石などに彫刻していただけます。
シンプルなデザインも良いと思いますが、自分の気に入ったデザインが彫刻されていると、より大事にしようという想いも出てくると思います。


線彫り 着色あり


線彫り 着色無し

また、無着色・着色をお選びすることも可能ですので、少しはっきりさせたい場合は着色をお選びいただいても良いと思います。個人的には立体彫り着色がオススメです!

お客様に提案される際に是非、立体彫刻もおすすめされてみてはいかがでしょうか?


立体彫り 着色無し


立体彫り 着色あり


彫り込み 着色あり


彫り込み 着色無し

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


庵治牟礼石材店紹介:株式会社大川石材

株式会社大川石材さん


株式会社大川石材さんははやしばらより国内加工をお願いする、庵治牟礼工場の一つです。

香川県内の石材産業でも初となる「現代の名工」への認定をはじめ、ものづくりマイスターの資格を持ち、技能グランプリに出場されるなど常に石工として技術を追求・研鑽し「良いものを作ろう」とこだわられている大川さん。その工場の大きな特徴は、「砥石研磨」を標準仕様にされているということです。

手間と時間をかけ工程や温度管理を見直すことにより、鏡面にも匹敵する光沢を実現されています。
耐久性を追求することで、ずっと先の将来においてのお客様満足や
喜びにつながるという信念を持っていらっしゃいます。




また、石材・加工に対する知識が素晴らしく、弊社からも石材や加工に対してご教授いただくこともあります。人間性もとっても素晴らしい方です!
昨年弊社で開催した、プライベート展示会にも快くご協力いただきました。

高松にお越しの際は、庵治牟礼の技術を支える大川石材さんの製品加工をぜひ体感してみてはいかがでしょうか。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ