ブログ

HOMEブログ05.庵治・牟礼の紹介太元屋さん新スタジオご紹介

太元屋さん新スタジオご紹介

太元屋さん新スタジオ


今回は、(有)石材商 太元屋さんで新しくオープンしたスタジオを取材しましたのでご紹介します。

庵治石の丁場を持つ太元屋さんでは、墓石だけでなく、生活の中でインテリア・エクステリアとしての庵治石を提案されています。
スタジオは趣向を凝らした庵治石が様々に配置され、ハイセンスで温かみのある空間となっていました。


入り口の大きな庵治石


外壁にも庵治石の建材を使用

まずは入り口の大きな庵治石割肌の一枚石に目を奪われます。
外壁にキューブ状・バー状の庵治石、花壇にもサビの庵治石をふんだんに使い、訪れる人を楽しませてくれます。
スタジオの中はさながらギャラリーのよう・・・
パッと目を引く大きな鳥のオブジェはじめ、マガジンラックやテーブル、アルコール消毒用のスタンドなど、趣向を凝らしたオリジナルの庵治石のインテリアが配置されています。
どれも同じ庵治石なのに、本磨き・水磨き・割肌など加工方法や、建材・庭石などに使われるカサネ・サビ・自然石など庵治石の部分によってまったく表情が異なります。



倉庫に眠っていた菊水鉢を使用したガラステーブル


壁には様々なSTONE PANEL


奥様考案のアルコールスタンド、層ごとに角度が変えられる


藤本良和さん作、どことなくアマビエの雰囲気・・・


墓石には使われない石を切削してオブジェとして再利用


錆石ごろたのツリーライト、夜になると隙間から光がこぼれる

近年は国内外で建材として人気が高まりつつある庵治石ですが、それ故、表面の皮のみ取って中の石は廃棄されるという逆転現象が起こることも・・・。
SDGsの観点からも、キズやカサネも、皮ももちろん中身も無駄なく販売していきたいと太元屋さんは仰られました。
世界に誇る庵治石、私たちもその魅力を全国のお客様にこれからもどんどん発信していきたいと思います。


STONE PANEL




庵治石カサネ肌のマガジンラック、アイアンが格好いい


砂利を入れたSTONE PANEL

※スタジオで使用されている庵治石建材(Build with 庵治石)やSTONE PANEL、e-Moyo は弊社でも取り扱っております。
気になるものがあればはぜひお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ