ブログ

HOMEブログ02.商品案内

お墓(墓石)を処分(墓じまい)される前に・・・

近年、少子高齢化が進んで、「墓じまい」という言葉をよく耳にする
ようになりました。「子供に負担をかけたくない」「お墓が遠いところに
ある」「跡継ぎがいない」等、いろんな理由があるかと思います。

ご先祖様より受け継がれてきたお墓。

長きにわたりせっかく受け継いできた「心」を途絶えさせてしまうのは
しのびない・・・
そのような皆さまに、お墓の転生「リボーン」をご提案いたします。
継承するのは「もの」ではなく、その「心」です。

熟練の技と最高の技術で、お墓を美しく甦らせます


庵治石本体を再加工・外柵はSPI

お墓の転生(リボーン)は、古くなったお墓の一部(主に竿・上台・下台)
を活かしながら、新しいお墓として甦らせる技術です。
長年の経年劣化で傷んだ竿石部分を砥石加工できれいに磨き上げます。
数種類の砥石を使い分けながら、最終的に熟練の職人の手で仕上げます。


庵治石の竿を磨き直し

本場 庵治石産地(香川県高松市)熟練の技と最高の砥石加工技術

最高級石材庵治石産地の技術・”砥石研磨加工”

昔、墓石といえば大抵、砥石を使って磨かれていました。
しかし工業技術の工場で、砥石はバフという研磨工具にとって代わられる
ことになります。大幅な加工時間の短縮とひきかえに、墓石表面の艶の質は
奥行きの乏しい平面的なものになっていきました。

砥石での研磨は、石の表面温度をそれほど上昇させずに艶出しを行えます。
そのため、石の成分である雲母が剥がれにくくなり、
焼けによる結晶劣化を最小限に抑える効果があります。
当社ではその独特な柔らか味のある水に濡れたような艶の仕上がりを後世に
残したいという思いから、道具と技術を現在も受け継いでいます。
時間と根気のいる作業で、職人の技なくしてはできない研磨方法です。

お墓の輝き具合を計測

建立から70年以上経過しても、劣化も少なく十分な輝きがあります。
新規に建立時は、通常光度計数値90~94ぐらいとなっております。



リボーン事例① 和墓から洋墓へ (K様)

古くなった和墓本体を加工・研磨して洋墓にしました。
黒い石の下台のみ新しく製作しました。


事例①和墓から洋墓へ

リボーン事例② 洋墓のデザイン変更・磨き直し (Y様)

水あかや汚れが溜まりやすいとのお悩みがあり
石種G670の洋墓のデザインを変更し、磨き直ししました。


事例②お墓のデザイン変更


お墓の磨き直し

リボーン事例③ 和墓(庵治石)の移転・磨き直し (A様)

お墓の移転を機会にゼニ苔が付着し経年劣化も進んでいる為
磨き直しを行い、いくつかの部材を追加しました。


和墓(庵治石)の移転・磨き直し


和墓(庵治石)の磨き直し

リボーン事例④ 和墓を使用して地蔵に加工 (O様)


和墓(庵治石)をお地蔵様に加工

和墓(庵治石)の上台を利用することでお地蔵様に生まれ変わりました。


和墓(庵治石)の加工過程


お墓の移転・磨き直し・再利用・クリーニング・再生・引越・移設
お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


調湿性の高い竜山石の砂利(兵庫県高砂市)

竜山石とは・・・

石質が軟らかく加工しやすい上に
耐久性が高く石自体に調湿性があります。

古墳時代には石棺として使用
奈良時代には平城京の礎石
鎌倉室町時代には五輪塔・宝篋印塔
江戸時代には姫路城の石垣
近代建築 旧造幣局・住友銀行本店の壁材・・・
と、昔から人々の生活と共にあった歴史ある石材です。今も採掘は
続けられ、建築や造園に広く利用されています。通常の砂利と比べて
調湿効果が高く、石棺内の砂利として最適です。


竜山石の採石場(丁場)

竜山石の採石場(丁場)

① 調湿効果

  水分吸収量が高い!

  一般的に水分吸水量が高いとされる珪藻土より高く、湿気をより
  吸収します。


② 消臭効果

  消臭効果が高い!

  人体に影響を及ぼすホルムアルデヒドをはじめ、臭いのもとに
  なるものを吸収します。


③ 選べるサイズ・色

  お墓に合わせて選べる!

  色は黄色・青色からお選びください。サイズは直径 1mm 内外・
  5mm 内外からお選びいただけます。


竜山石

竜山石の砂利


------------------------------------------------------
法人のお客様専用ページは、コチラ
------------------------------------------------------


弊社で取り扱いしております。
お気軽にお問い合わせください。

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


2021年の干支(辛丑)小物 (石の置物)

今年も干支置物小物販売の時期になりました!
2021年(令和3年)の干支は「辛丑」(かのとうし)ですね!
種類も豊富で可愛らしいデザインもあるので、
是非手に取ってリビングなどに置いていただければと思います。

商品一覧は、コチラ


辛丑(かのとうし)


辛丑(かのとうし)

手のひらサイズのころんとした物から、卓上に丁度良い大きさ
まで種類も豊富です。


辛丑(かのとうし)


サイズ・種類を取り揃えています。
お正月の挨拶回りや贈り物、景品などにもお勧めです!

気軽にお問い合わせください。


~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


2020年の干支(子)小物 (石の置物)

2020年は東京で2回目の五輪が開催されますね。
チケットは残念ながら抽選に外れて現地観戦は難しくなってきました。
家族・友人・知人・職場の人などチケット当選したという話しを
聞きません。かなりの高倍率みたいですね。
せめて沿道でマラソンだけでも観戦できないかなぁ。
皆様はいかがでしょうか?


さて、2020年は「子年」ということで、十二支の始まりである
子(ねずみ)です。


手のひらサイズのころんとした物から、卓上に丁度良い大きさ
まで種類も豊富です。


「ねずみ」は、その繁殖力から子孫繁栄や、一説には財力の象徴とも
言われているそうです。とても縁起が良く、玄関やリビングにも
最適です!


↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑


サイズ・種類を取り揃えています。
お正月の挨拶回りや贈り物、景品などにもお勧めです!

気軽にお問い合わせください。


~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


【お知らせ】インド加工墓石の受注キャンペーン実施中

インド加工墓石の受注キャンペーンを実施中です!
2月末までとなっております。
気になったお客様は、まずは弊社まで
お問い合わせいただければと思います。
ちなみに、インド墓石をご注文いただいた方に・・・

なんと・・・

インド紅茶をプレゼントいたしますよ~。



インド黒の製品は、磨き粉を使います。↓



磨きは最高です!!


【加工例写真】




【洋墓ご提案】



1.納期
インド加工は2ヶ月の納期となります。
2.材質
産地であるインドの方がいい材料をより安定して入れられます。
3.加工
黒石はぜひ、インド加工をオススメします。
ご建立までお時間に余裕のあるお施主様に関してインド材は、
インド加工をお勧めします。

<取扱石種>
・クンナム・MU・YI・M1・M1H・M7・M8・M10・M12
・アーバングレー・銀河・カラハリ・ZM・ロイヤルブラウン
・ライチレッド・NHレッド

お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ