ブログ

HOMEブログ02.商品案内03.国内の霊園引田愛育園 顕彰及びモニュメント「はぐくむ」ご紹介

引田愛育園 顕彰及びモニュメント「はぐくむ」ご紹介

東かがわ市引田の私立保育所「引田愛育園」跡地に、顕彰碑・モニュメントが完成し、2/11式典が行われました。
庵治の石彫家 山田和弘さんが発案、デザイン設計からトータルコーディネートし、関係者の方たちの寄付金により完成した作品で、元園長先生はじめ、皆様ご協力のもと、「愛し育む園(その)愛育ゾーン」です。


「愛し育む園(その)愛育ゾーン」

この度、弊社で石を手配させていただきましたのでご紹介します。
顕彰碑やモニュメントにはG635を使い、優しいピンク色がご好評をいただいています。
モニュメントや碑を囲む衝立石と台石には、海が近いこともあり、吸水率が低く硬質な大連603を使用。
弊社手配ではありませんが、敷石やモニュメントの台石には地元・香川県の銘石「庵治石」が使われています。

記念碑には昭和初期と閉園直前の園の様子を伝えるセラミックが埋め込まれています。
セピアカラーと色鮮やかなカラー写真が対照的で、同園の長い歴史が伺えます。(こちらも弊社で手配させていただきました)


山田和弘さん作品「はぐくむ」


園のありし姿を伝えるセラミック


「はぐくむ」と名付けられたモニュメントは、在りし日の園のにぎやかな様子をイメージした作品で、
園の先生や、昼寝をしたり先生に抱きついて甘える子供たちを5つの石で表現しています。
衝立石は、港町 引田町 の海風をイメージし、波打ったデザインになっています。


創始者「阿部アキ先生」胸像


大小の丸い形のモニュメントはG635のピンク色と相まって、先生と子供の優しく平和な日常が目に浮かぶようです。
同園では6千人を超える子供たちを育んだとか。その功績の偉大さに驚くばかりです。
私自身、息子たちはもう大きいのですが、小さい頃一緒に遊んだり甘えてきた記憶がよみがえり、とても懐かしく感じました。

石彫家 山田和弘さんは以前取材させていただいたとき、
「微に入り細に入り、150%誰が見ても満足するような作品を作ること・only oneのものを作ること」
を大切にされている と仰っていました。芸術家としての矜持を感じます。
香川県にお越しの際はぜひ足を延ばして見ていただきたいです。
※3/26より周辺道路工事のため、ブルーシートをかけています。




メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ