ブログ

HOMEブログ

株式会社二宮石材 訪問取材

はやしばらでは、庵治牟礼や日頃よりお世話になっております石材業者様を訪問し、様々なことを勉強させていただいています。

今回は、弊社も字彫り依頼をさせていただいている石材彫刻会社「株式会社二宮石材」の二宮力社長へインタビューをしました。


AJI PROJECT作品の数々

二宮社長は現在の石材業界について、墓石だけの販売では衰退してしまう。と考えていらっしゃいます。
その理由として、以前は400社あった石屋さんが今では200社まで半減してしまった。また職人さんも1/4にまで減ってしまい、石の加工だけでは生活できず副業をする職人さんもいらっしゃるとのことです。

このままでは1000年前から引継がれている庵治石加工の職人さんの技術も衰退してしまう。ということで墓石だけでなく、小物であったりデザイナーさんとコラボすることで庵治石や加工の技術の素晴らしさを広めていこうと活動されています。



左上よりCAVE,HUIS,SABO1・3・5

その中の1つに今年の3月に起業されました新会社「株式会社蒼島(あおいしま)」があります。

「株式会社蒼島(あおいしま)」を起業されたきっかけは、庵治・牟礼の職人による「AJI PROJECT」の発足から10年の節目を迎えたことです。
職人が庵治石を使ってフラワーベースやプレートなど身近な品を洗練されたデザインで作ることで人気を博していたAJI PROJECT。

しかし、補助金の交付が終了間近になり継続が難しくなっていました。当時メンバーだった二宮社長は、立て直しを決意し新会社「株式会社蒼島」を起ち上げます。

「蒼島」では、まずAJI PROJECTの販売価格の適正化に着手し、ロゴマークも新たに作り直しイメージを刷新。
商品販売をメインに、東京都美術館で開催されたイサム・ノグチ展他、全国の展示会に出品するといった活動をされています。


奥からSUNSHINE,POUND,GRILLE SQUARE しまplate

コンセプトは「生活に寄り添う庵治石プロジェクト」。
石屋=墓石というイメージを壊し、庵治石を生活の中で普段使いしてほしいとの思いから考えられたコンセプトです。

最近では、世界的に人気のストリートファッションブランド「HYPEBEAST」で、ジュエリーブランドとコラボし「石化」と命名されたシリーズで庵治石の作品を販売中です。
インテリアや服飾雑貨と同系列に並べても違和感のない、生活に根差した庵治石を目指したいと語られました。


左からBOTTLE L flower vase,ROCK END L(旧M)bookend,AMIME MITSUDE

新しい市場をつくり、自分で切り開いていくことで産地の活性化を図っていこうと活動されている二宮社長。
若い担い手も不足してきている中、別の業界の方と仕事を進めることで違ったものの見方・またそこから庵治石の素晴らしさに刺激を受けた若者が、すぐには難しくても長い年月をかけてでも産地に貢献してくれる担い手が育ってくれればとおっしゃられていました。

「様々な活動を進めていく中で、時には失敗をするかもしれない。それでも反面教師としてそこから次に生かしていけばいい。
とにかく変えなければいけない。」というゆるぎない思いを聞かせていただきました。


産地の方から直接お話を聞かせていただく。という機会も少ないので、私自身自分の考え方であったり行動することの大切さというのを改めて実感することが出来ました。1時間という限られた時間の中で、二宮社長の産地に対する深い思いと未来を見据えた希望をうかがうことができ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。


左からOISEAU サビobjet,CHICK objet

私たちも同じ庵治石の産地で石の加工・販売に携わる者として、単に安売りではない、質と価値をお客様に提供していかなければならない、と感じました。


※AJI PROJECTの商品ははやしばらでも取り扱いさせていただいております。
 AJI PROJECTのHPからご覧いただき、気になるものがございましたら弊社までご連絡ください。


メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


わらべ地蔵に生まれ変わる!

弊社事務所の近くの山田忠石材さんの製品をご紹介します

山田忠石材さんでは、ただモノを作るだけではなく、「お客様の想い」を込めてつくっています。そのため、何度もお客様が納得いくまで直接、お客様と打ち合わせを重ねながらカタチを作っていきます


そこで今回は、お墓じまいした仏石を記念として
わらべ地蔵を加工しました。






お客様の想いをカタチにしたいというご相談がありましたらぜひ遠慮なくご相談ください。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


松原勲石材さんの石あかり

弊社事務所のお隣さん、松原勲石材さんの石あかりをご紹介します。

松原勲石材さんでは様々な石あかりを制作されており、工場やご自宅の周りにもたくさん設置されています。
夜になるとカラフルに点灯し、道行く人の目を楽しませてくれます。

昨年に引き続き、新型コロナ感染拡大の影響で今年もなくなってしまった「むれ源平石あかりロード」。

少しでもこちらのブログで発信できれば、と思います。











おすすめは小さくてかわいい卓上サイズの「小さな石あかり」。

高さ約15cmで、屋内でも屋外でも気軽に置けます。
小ぶりながら、一つ一つ庵治石をつつき仕上げしており本格的。

足元や手元を照らしてくれる、趣のある照明です。


小さな石あかり


庵治石の持つ優美で繊細な雰囲気と、現代アートを思わせる前衛的なデザインがマッチして存在感があります!

はやしばらでも取り扱いさせていただいておりますので、気になるものがありましたら担当者または下記までお問い合わせくださいませ!





メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


中国情報~工場紹介と取り扱い石種について

今回の中国情報は、福建の工場の様子をお届けします。

恵安事務所スタッフが取材したのは、インド材、大島石、万成石、天山など国産材にも強みを持つ工場です。


工場の原石置き場


広い・・・!かなり大きな工場です

工場の現在の注文状況はコロナの影響も受けてか、不安定で起伏が大きいです。
インドでは、新型コロナウイルス感染症の状況はますます深刻になっているので、今後インド材については原石代も製品代も高くなると見込んでいます。

この工場では最近、インドから原石を輸入して、今後の原石不足を防ぐように努力しています。
工場の広大な石置き場には、在庫が原石から切削材まで豊富に並べられている様子が見えますね。

日本から渡った材料も多く見受けられます。


真壁小目


真壁小目


大島A1


大島A1

また、新型コロナウイルスの予防については、工場職員全員がワクチン注射を完了しているとのことです。
工場の安定稼働の為にも日々対策もされているようです。

日本ではまだワクチンが幅広い年齢層までいきわたっていないですが、この点は、中国では予防対策が進んでいるようですね。

メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


大島石 丁場訪問

来島海峡大橋


はやしばらでも長年取り扱いさせていただいている、「大島石」大島カレイの丁場へ
行ってきました。
愛媛県今治市の来島海峡大橋を渡り、いざしまなみ海道最終地点の大島へ!

島内は海の景色が近くに見え、至るところに石置き場や工場が点在し、石を積んだ
ダンプカーが多く往来する庵治牟礼の街と似た雰囲気です。
島北部のカレイ山を登り頂上近くの丁場に到着すると、軽トラに乗り換え、
採石がされる断崖絶壁に囲まれた谷底へと向かいます。


下手なアトラクションよりスリリング!?


原石がいくつも並べられ、切出し途中の石肌を間近で見させてもらいました。
「この大きさなら、一ヶ月あればとりきるよ」といわれるのは、ユンボよりさらに大きな
石の塊。石目を見て石割りする職人さんは、すごいなぁと感心しきりでした。
そのように切出した石も、墓石に使用できるのは1割ほどとか。。。
改めて高級石たる石材の難しさを実感しました。




上からのぞき込むと足がすくむ高さ

谷底から上げられ、小割にされた石が並ぶ石置き場も見させてもらいました。
「依頼があれば、だいたいはすぐに対応できるよ!」との頼もしいお言葉。一年を通して
山には入られているそうで、安定して供給できるようです。

大島特級材と比べるとやや粗い石目ではありますが、白とグレーのバランスが良く、
とても上品な風合いで人気です。



絶品!海鮮丼


今回大島での昼食は、社長林原おススメの海鮮食堂「能島水軍」でいただきました。新鮮なお魚にウズラ卵入りのタレをかけて食べると絶品でしたよ。大島に行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。

他にも大島にはいろんな見どころがあります。
小説「村上海賊の娘」で一躍有名になった村上水軍をテーマにした【村上海賊ミュージアム】。階段周りの貼石は、はやしばらより大島石を手配させていただきました。今は村上景親公もマスク姿・・・
今回は時間の関係で立ち寄れませんでしたが、石文化公園やバラ園等もおススメとか。

次回は弾丸ではなく、のんびり島時間を堪能してみたいと思いました。



メールでのお問い合わせ⇒コチラまで

~『石財』を通して 心と心のお付き合い~
はやしばら有限会社
香川県高松市牟礼町牟礼2657-5
Tel. 087-845-7103 Fax.087-845-7620


このページの先頭へ