ブログ

HOMEブログ

2008年

皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

かなり古い歌ですが、鶴田浩二の「傷だらけの人生」という曲の中に「右も左も真暗闇じゃござんせんか」と言うフレーズがありました。
昨年も数多くの痛ましい事件が起こり、新聞やテレビでそのようなニュースを見ておりますと、我々は幸福で豊かな方向ではなく、正反対の真っ暗闇の中へ突入しようとしているように思えてなりません。
地球温暖化が進み、各地で様々な災害が起こり、何か見えない力が我々に怒りを露にしているのではないかという気さえしてきます。
そんな中始まった新たな一年。社員一同、国で言うところの憲法である「経営理念」に沿って
、今年も正直に、正々堂々と進んで行きたいと思います。小売店やメーカーの皆様方と一緒に、エンドユーザーのお客様の喜びを追及し、またそれを通して我々も成長発展し、微力ではありますが、幸福と豊かさを、世の中へどんどん発信していける会社になりたいものです。

輝く・・・

5月、6月と今期に入ってから売上目標を大いに下まわり、とにかく駆けずり回っている今日この頃の私林原です。
営業出身の私は、何か問題が起きると「とにかく動き回る」という癖が体に染み付いているようです。
そのような時、いつも思い出すのが私の師匠が言っていた「人に期待するな、自分に期待しなさい。」という言葉です。
これはもちろん、相手を信用しないとか、バカにするとか、そのようなレベルの教えではありません。
私はこの「自分に期待する」という言葉に、なぜかいつもファイトが沸いてきます。
7月10日AM7:35、高松発→羽田行きの飛行機を待つ空港のロビーで、携帯を片手にお客様と「先の先」を見据えて「お役立ち」電話をしている。。。多分、私が一番輝いている時間です。
頭はもっとピカピカですが・・・

庵治ストーンフェア2007

6月9~10日、年に一度の庵治・牟礼の展示会「庵治ストーンフェア2007」が開催されます。
我が社も社員一丸となって、色々と打ち合わせをし、出展の準備を進めています。
9日(土)のAM11:00~PM12:00に、採石場の社長様にもご協力を頂き、「丁場シリーズ」のセミナーも行います。ぜひ、皆様ご参加ください。

私は25年以上前から、この庵治・牟礼の展示会に参加させてもらっていますが、時代の流れと共に
その内容も移り変わってきています。
展示物としては、韓国製の観音様を設置したり、世界の原石のスラブを置いたり、国内製品やサンプルの展示といったことから、ファントーニも含め何かお客様のお役立ちとなれる商品の展示へと変わってきました。
お客様との接し方も、伝票片手に石屋さんに買ってもらうことが中心だったのが、お客様への接待中心となり、やがて一般の方と業者の方とが一緒に来場できるようになってからは、当社もどう展示し、どう接待をしていったらよいのか、と思案するようになりました。
私にとっての庵治・牟礼の展示会、お客様への感謝の気持ちとして、何をお返しできるのでしょうか?
何かこの業界にお役に立てるでしょうか?よくわからない日々が続いています・・・


差別化する・・・

我々の活動を他社の活動と「差別化する」~最近よく考える言葉です。
私共の場合、仕入をどう競合他社と差別化して、オリジナルなもの(他社にないもの)を仕入れるか?
また、その流通についても、どう差別化して、物を動かすのか?
また、販売・サービスについてもどう競合他社と差別化して、CS(お客様満足)を実現するのか?
そして、商品を買われた、小売店、メーカーの方と一緒にどうお施主様のお役に立ち、喜んでいた
だくか?感動していただくか?そこに私共の活動の目標があるように思います。お墓というものが
低価格競争になっていることは、私共が本当にお客様に喜ばれている活動になっていないと考え
もっともっとお客様のお話を聞く中で、もっともっと、いろいろと勉強する中で少しずつ世の中に幸せ
を発信できるよう変化していこうと思います。

2007年・・・

あけましておめでとうございます。
今回の年末年始は、お正月休みでゆっくりさせてもらいました。1月4日から1月8日までは、アモイ~
大連と企業訪問と私どもの方針・考え方を共有し、お客様に喜んでもらう会社になるという理念を社員の皆と一緒になって、どんどん具体的な形として実行していきます。
又、「庵治・牟礼の出口」という思いと、グローバルな活動、展開の中で我々のお客様に本当に喜んで頂けるものがあると信じ、社会に癒しと感動と夢を提案できる会社となります。
ご指導を頂くことをよろしくお願い致します。

このページの先頭へ