会社案内

HOME会社案内社長メッセージ

社長メッセージ

代表取締役 林原克嘉

代表取締役 林原克嘉

時代は高度成長期、右肩上がりの売って売って売りまくる時代に、大手石材商社で14年間営業を経験し、今となっては良い面も悪い面も勉強させていただきました。

そんな私が、自分の生涯を賭けて取り組むべき『価値』のある商品に出会ったのが、今から7年前でした。 取引先である米国のロック・オブ・エイジズ社に紹介され、ケンタッキー州にある石材会社を視察に訪れた時のこと。当時、アメリカの石材業界も大きな淘汰の中にあり、大別すると2つの流れとなっていました。ひとつは安価で大量に販売する形態。もうひとつは、1件1件お客様と向き合い、お客様の立場で、お客様と共にお墓を作り上げていく形態でした。 私は、後者の形態に属する『ファントーニ』という彫刻技術を駆使して、販売を拡張している会社のトップセーラーに、霊園を案内されました。 「これが僕の販売したお墓だ」と、得意げに彼は言いました。 見ると、その墓石には3本の薔薇が彫られていました。1本の茎は途中で折れ、つぼみは頭を垂れています。 「これは何の意味ですか?アメリカでは、薔薇の花は家族の愛を表すと聞いていますが・・・」そう問いかける私に、彼は答えてくれました。 「実はこちらのご家族は、昨年交通事故で息子さんを亡くされたんです。ご家族はこのお墓をお参りするたび、ご家族の幸せな日々を想い出し、楽しい事があった時はもちろん、苦しい時辛い時には必ずこの場所へ来られるそうです」 その言葉を聞いて、私は胸が熱くなると同時に、目から鱗がぼろぼろと落ちていく思いがしました。ひとつひとつのお墓は、それぞれの家族の深い想いが込められた、かけがえのない場所なのだ・・・と、その時、私は改めて気付かされたのです。 この出来事が、『ファントーニ』という商品の販売を手がけるキッカケとなりました。

あれから7年の歳月が流れました。ゼロからスタートした『ファントーニ』事業も、今では西日本各地に『関西ファントーニグループ』の仲間が何社も出来るようになりました。 私の人生で、売って売って売りまくった時代も大事な青春でしたが、このような"想い"を、メーカーの方々や小売店の皆様と一緒になって、エンドユーザー(お施主様)の為に具現化することにより、お客様と共に成長・発展し、石という素晴らしい素材を通して、この世の中で失いかけている本物の何かを、新しく造っていかなければならないと感じたのであります。

(代表取締役社長 林原克嘉)


3本の薔薇

3本の薔薇


このページの先頭へ